くらし情報『テレビ東京『午後のロードショー』番組Pの覚悟「最後の砦になってでも映画枠を守り抜く」』

2021年4月16日 11:00

テレビ東京『午後のロードショー』番組Pの覚悟「最後の砦になってでも映画枠を守り抜く」

テレビ東京『午後のロードショー』番組Pの覚悟「最後の砦になってでも映画枠を守り抜く」
『午後のロードショー』(c)テレビ東京
2021年4月1日、テレビ東京のお昼の人気映画番組『午後のロードショー』がめでたく放送開始25周年を迎えた。ファンの間では『午後ロー』の愛称でも知られる同番組は今、記念の特別ラインナップを放送中で、ゴールデンタイムに流しても遜色ない豪華な作品でファンを盛り上げている。平日の13時40分スタートという時間帯ながら、いまだに多くのファンの心を掴んで離さない番組の魅力とは?担当プロデューサーに聞いてみた!

■『午後ロー』プロデューサーが語る秘話

「人事異動で2016年の下期より『午後ロー』の担当に就きました。学生時代から映画が大好きな人間で、昆虫パニックもの以外はオールジャンルで観ます(笑)」

と笑顔で話すのは、“地上波映画枠 最後の砦”と称される『午後ロー』を担当する、テレビ東京総合編成局・映画部の岡本英一郎氏(以下、「」内は岡本氏)。愛され続ける同番組は、1996年から今のスタイルで放送されている。

ファンの間では、テレ東のかつての人気映画番組『木曜洋画劇場』(2009年終了)と似てると話題になっているが、“差別化”はされていたのだろうか?

「テレビ東京には映画部という部署があり、映画部が『午後ロー』をはじめとする映画や海外ドラマの放送を担っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.