くらし情報『平子理沙、50歳でついにナチュラル化? 美容外科医が「唇オバケ」時代と今の顔を分析』

2021年4月11日 12:00

平子理沙、50歳でついにナチュラル化? 美容外科医が「唇オバケ」時代と今の顔を分析

平子理沙、50歳でついにナチュラル化? 美容外科医が「唇オバケ」時代と今の顔を分析
現在の平子理沙(インスタグラムより)
『JJ』(光文社)や『ViVi』(講談社)など、20代は赤文字雑誌の表紙の常連だった平子理沙が50歳を迎えた。アラフィフの現在も奇跡の若さを保ち、髪をハイトーンなピンク色にカラーリングするなど、年齢にとらわれず自分の好きなファッションを貫く姿勢が女性たちの憧れと共感を呼んでいる。

一方で2015年ごろ、平子の頬や唇がボリューミーすぎると話題になり、ネットで「唇オバケ」という不名誉なあだ名がついてしまっていた。しかし今年1月に『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ系)に出演した際は、顔の不自然さは少々収まり、ナチュラル美に方向転換したように見えた。

「整形ポリス」こと、毎日ポリスのごとく、有名人の顔やボディ、プチ整形疑惑にまで鋭く目を光らせている、ネットウォッチが趣味のOL・プラ美と美容ライター・イム子のアラフォーコンビが平子理沙の美の秘密を調査!

◇◇◇

プラ美:最近の平子理沙、見た?

イム子:うん、表情まで柔らかくなって、なんだか若返ったみたいよね。

プラ美:やっぱり、週刊女性PRIMEの高須克弥院長の助言(平子理沙の変貌ぶりに高須院長「唇オバケになっちゃうよ」)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.