くらし情報『中居正広がまさかの「明石家さんまNG」で、IMALUとも起きていた“共演トラブル”』

2021年4月14日 21:00

中居正広がまさかの「明石家さんまNG」で、IMALUとも起きていた“共演トラブル”

中居正広がまさかの「明石家さんまNG」で、IMALUとも起きていた“共演トラブル”
中居正広と明石家さんま
25年間続いていた日本テレビ系の“冠番組枠”が3月をもって終了になった中居正広。だが、そこは売れっ子MC、終わる番組があれば始まった番組もある。昨年7月から放送されている『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)だ。

彼氏とラブラブ交際中の女性出演者─通称“ラブ子さん”たちの恋愛話を、中居、宮川大輔、本田翼のMC陣が掘り下げていくトークバラエティー番組だ。昨年11月には“ラブ子さん”のひとり、タレントの野呂佳代が番組内で婚約を発表し、話題に。

「卒業した野呂さんに代わる“ラブ子さん”を、ということで明石家さんまさんの娘である、IMALUさんが起用されました」(制作会社関係者、以下同)

IMALUは年上ミュージシャンと交際中で、さんまも「娘の彼氏に会ったんや」とたびたびネタにしている。

「彼女なら、さんまさんを絡めた豪華なトークが展開できると思ったんですが……」

■さんまという言葉も絶対NG

1月20日に行われたIMALU初登場回の収録。その直前に“トラブル”が起きた。

「収録日前日の夜9時ごろ、バイク便で中居さんの事務所に番組の台本を届けたところ、中居さん側から電話が入ったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.