くらし情報『“離婚ドラマ”乱立のウラで、リアル経験者が赤裸々告白「私の明るい離婚事情」』

2021年4月16日 20:00

“離婚ドラマ”乱立のウラで、リアル経験者が赤裸々告白「私の明るい離婚事情」

“離婚ドラマ”乱立のウラで、リアル経験者が赤裸々告白「私の明るい離婚事情」
(左から)KEIKO、杏、吉瀬美智子、木下優樹菜
昔のイメージとは打って変わって、いま離婚はハッピーな未来への第一歩!悲劇なんて程遠く、前向きに離婚する女性が増えています。離婚経験者に聞いた『私の明るい離婚事情』。

《かっこいい》、《パートナーに“違う”と思ったら別れていい》

7日、女優の吉瀬美智子が離婚を発表した際、SNSでは多くの応援コメントが寄せられた。

厚生労働省によると2020年1~6月に離婚した夫婦は10万122組で、昨年同期比で1万923組減っている。しかし3組に1組が離婚しているという実情は変わらない。ドロドロの離婚劇を繰り広げる人も中にはいるが、明るい離婚が増えている、と離婚式などをプロデュースする寺井広樹さん。

「かつては離婚はネガティブなものでしたが、私が離婚式をプロデュースしたカップルはみなポジティブ。明るい離婚だなと思います」

離婚自体が珍しくなくなった今の時代に、離婚は不幸なものではなく幸せになるためのポジティブなものとして捉えられる傾向にある。そんな時代を反映したのが、北川景子主演の『リコカツ』(TBS系)。交際0日婚をした夫婦の関係がすぐに破綻し、離婚活動をするという物語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.