くらし情報『「石原さとみは、何をやっても石原さとみ」説は本当か、主演級に上り詰めた“実力”』

2021年4月21日 17:00

「石原さとみは、何をやっても石原さとみ」説は本当か、主演級に上り詰めた“実力”

「石原さとみは、何をやっても石原さとみ」説は本当か、主演級に上り詰めた“実力”
石原さとみ
石原さとみと綾野剛が主演を務める新ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ、水曜夜10時)がスタートした。これまで数多くのドラマ主演を務めてきた石原さとみに対して、一部からはこんな声が聞こえてきた。「石原さとみは何をやっても石原さとみーー」。“何をやっても〜”の代表格と言えばキムタクだが、石原さとみは本当にそうなのか?ドラマのプロはどう見るか。ドラマ評論家の吉田潮さんに聞いた。

■「何をやっても同じに見える」は本当?

どんな役を演じても同一人物に見えるというのは、ある意味、役者として凄腕なのではないか?事務所の戦略なのか、本人の希望なのか、作り手側の勝手な思い入れなのかは知らんが、専門特化・差別化を実現できるのは選ばれし者の証でもあり。

むしろ、いつのまにかその特色が「大物の風格」という扱いになり、伝説として語り継がれることもある。吉永小百合、沢口靖子、木村拓哉、深田恭子はもはや伝説というか、伝統芸能の域だし、米倉涼子やディーン・フジオカ、大谷亮平、有村架純に本田翼も、その背中を追っていると思われる。

この「何をやっても同じに見える」枠にエントリーされているのが、石原さとみらしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.