くらし情報『橋田壽賀子さん逝去で思い出される「泉ピン子とえなりかずき」疎遠の歴史』

2021年4月22日 05:00

橋田壽賀子さん逝去で思い出される「泉ピン子とえなりかずき」疎遠の歴史

橋田壽賀子さん逝去で思い出される「泉ピン子とえなりかずき」疎遠の歴史
えなりかずき
脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)が亡くなった。

その代表作のひとつ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)に30年近く出演した、えなりかずきもブログを8年ぶりに更新、別れを惜しんだ。

■えなりの“実の母”はどんな人?

ただ、ここ数年、彼は母親役の泉ピン子と共演NGになっていた。橋田さんが生前、語ったところによれば「一緒に出ると、えなり君がおかしくなるんですって。発疹が出たり」とのこと。実際、ふたりの絡みは2015年が最後だ。それ以降のスペシャル(’16、’17、’18年)でそういうものはなかった。

とはいえ、その背景には、えなりの母親とピン子の対立があるという。つまり、実の母とフィクションの母の奪い合いという構図だ。

フィクションといっても、多くの人にとって、えなりは『幸楽』の息子。あるいは、五月(泉ピン子)と勇(角野卓造)の息子であり、キミ(赤木春恵)の孫だ。いわば、国民的息子あるいは孫というキャラなのである。

一方、実の母のステージママぶりも業界では有名だった。筆者が20数年前、テレビ誌でインタビューした際も、担当編集者に「お母さんがちょっとうるさい人なので」と、イメージに合わない質問はしないよう釘を刺されたものだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.