くらし情報『橋田壽賀子さん逝去で思い出される「泉ピン子とえなりかずき」疎遠の歴史』

2021年4月22日 05:00

橋田壽賀子さん逝去で思い出される「泉ピン子とえなりかずき」疎遠の歴史

の話をするえなり。どこまで「息子」キャラなんだという感じだが、その2か月後には『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でピン子と共演、彼はアニメのアテレコごっこが趣味だという近況を語った。すると、隣からピン子が、

「『渡る世間』(のレギュラーシリーズ)も終わったんで、そういう仕事回してやって!」

と、いかにも母親みたいに口を出したのだ。当時は不仲という雰囲気ではなかったが、実はすでに「発疹」が出ていたかもしれない!?

だが、5歳から共演してきた彼女にとって彼はいつまでも「お芝居好きの子どもさん」なのだろう。よく考えたら、えなりのまわりは年上ばかりという印象。それも、おせっかいというか、束縛したがるような女性が目立つ気がする。

つまり、渡る世間は“親”ばかり、という状況なのだ。36歳の大人にとって、これはなかなかきつい。「しょうがないじゃないか」ではすまされない問題である。

PROFILE●宝泉 薫(ほうせん・かおる)●作家・芸能評論家。テレビ、映画、ダイエットなどをテーマに執筆。近著に『平成の死』(ベストセラーズ)、『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、『あのアイドルがなぜヌードに』(文藝春秋)などがある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.