くらし情報『常盤貴子、“演劇界のトップ”に立った夫・長塚圭史との「夫婦生活10年目」』

2021年4月22日 21:00

常盤貴子、“演劇界のトップ”に立った夫・長塚圭史との「夫婦生活10年目」

常盤貴子、“演劇界のトップ”に立った夫・長塚圭史との「夫婦生活10年目」
常盤貴子
今年4月に長塚圭史がKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督に就任した。

「長塚さんは名優・長塚京三さんの息子で、’09年に常盤貴子さんと結婚。演劇一家の一員ですね。一流の俳優であるだけでなく、劇作家、演出家としても高く評価されています」(スポーツ紙記者)

今回の芸術監督就任は、長塚が新たに大きなステップに進むことを意味する。

「KAATは’11年に開館し、初代芸術監督が宮本亞門さんで2代目が白井晃さん。いずれも日本演劇界を支えてきた大御所です。その後を継ぐわけですから、とても名誉な称号を得たのは間違いありません。名実ともに演劇界のトップに立ったといえるでしょう。この大役をつかむまでに常盤さんの支えも少なからずあったそうです」(演劇ライター)

就任第1弾の公演として、5月15日から舞台『王将』が上演される。

「天才将棋棋士の坂田三吉の生涯を描いた作品で、’17年にも下北沢の小さな劇場で上演されました。今回の公演も常盤貴子さんは出演しますから、演出と俳優で夫婦共演ということになりますね」(前出・演劇ライター)

■夫婦で芝居談義も

長塚と常盤は結婚して10年以上になるが、仕事場でも仲のいい様子を見せている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.