くらし情報『唐田えりか、休刊の『日本カメラ』連載最終回で綴った強烈な「匂わせポエム」』

2021年4月23日 21:00

唐田えりか、休刊の『日本カメラ』連載最終回で綴った強烈な「匂わせポエム」

唐田えりか、休刊の『日本カメラ』連載最終回で綴った強烈な「匂わせポエム」
唐田えりか
「相手を大事にすることも大切だけど、まず自分を大事にしないときっと相手を大事にできませんから」(『好書好日』’18年8月配信)

2018年に公開された映画『寝ても覚めても』のインタビューでこう語っていた唐田えりか(23)。そんな彼女が、あの騒動以来、唯一、公の仕事としてやってきた雑誌の連載が、休刊に伴い終了した。

■復帰作の最後でも貫き通す唐田えりか

あの騒動とはご存知のとおり、2020年1月、冒頭の映画で共演した東出昌大との不倫。それ以来、思うように芸能活動ができなかった彼女にオファーをかけ、それを受けたのが月刊誌であるカメラ雑誌『日本カメラ』でのポエム連載だ。

「1月の不倫報道では、唐田のインスタグラムに東出を連想させる投稿や、彼の写真が複数あったことがツイッターなどのSNSで拡散され、“匂わせ不倫”と言われていました。その後、芸能活動を自粛することになってからは所属事務所で事務仕事をしていたようですが、復帰に選んだのがまさかの“趣味のカメラ”というジャンルだったことは驚きでした」(芸能関係者)

そんな唐田の復帰作となた、1発目のポエムではこんなフレーズがあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.