くらし情報『《ドン・ファン殺害事件》須藤早貴容疑者、月100万円の小遣い途絶え風俗業界へ“逆戻り”』

2021年5月1日 17:00

《ドン・ファン殺害事件》須藤早貴容疑者、月100万円の小遣い途絶え風俗業界へ“逆戻り”

《ドン・ファン殺害事件》須藤早貴容疑者、月100万円の小遣い途絶え風俗業界へ“逆戻り”
“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助さん殺害容疑で逮捕された、妻の須藤早貴容疑者(写真/共同通信)
「彼女は4、5年前、渋谷のデリバリーヘルスで働いていたんです」

と話すのは、風俗業界関係者。彼女とは今、連日メディアを騒がせている“紀州のドン・ファン”殺害容疑で逮捕された妻・須藤早貴容疑者(25)のことだ。

2018年5月、“紀州のドン・ファン”と呼ばれた資産家の野崎幸助さん(当時77)が和歌山県田辺市の自宅で突然死した。死因は急性覚醒剤中毒によるもので、彼の体内からは致死量を超える覚醒剤の成分が発見された。すると、疑いの目はわずか3か月前に結婚したばかりの55歳年下の妻・早貴容疑者へと向けられる。だが、決定的な証拠は何ひとつ出てこないまま、3年の歳月が流れていた。

そんな中、事態は急展開を見せる。4月28日、和歌山県警が東京都品川区のタワーマンションに住んでいた早貴容疑者を、殺人と覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで緊急逮捕したのだ。

「地道な捜査で、覚醒剤の売人を特定できたこと、そして野崎さんが容疑者と離婚しようとしていたことから彼女の動機も見つかったからではないでしょうか。

また、彼女がドバイへ高飛びする可能性もあったため、逮捕に踏み切ったんだと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.