くらし情報『『おかえりモネ』、タイトルが意味するものとは? PD直撃で見どころを先取り“予報”』

2021年5月17日 05:00

『おかえりモネ』、タイトルが意味するものとは? PD直撃で見どころを先取り“予報”

『おかえりモネ』、タイトルが意味するものとは? PD直撃で見どころを先取り“予報”
5月17日スタート連続テレビ小説『おかえりモネ』NHK総合月曜~土曜朝8時~ほか(C)NHK
第104作の朝ドラ『おかえりモネ』は、時代劇ではなく現代が舞台。宮城県気仙沼に生まれた“モネ”ことヒロイン・永浦百音が、気象予報士という天気にとことん向かい合う仕事を通して、人々や故郷に幸せな未来を届けようとする希望の物語だ。

脚本は『リッチマン、プアウーマン』『G線上のあなたと私』などを手がけた安達奈緒子のオリジナル作品。宮城・気仙沼や登米でのロケなど見どころいっぱいの本作。そのポイントを吉永証制作統括に直撃です!

制作統括に直撃(1)

■気象予報士にスポットを当てたワケ

「朝ドラっていろんな職業のヒロインが出ていますが、なるべく同じ仕事にはしたくありませんでした。今回、多くの人と関わる、接点がある職業にしようと考えたときに、天気ってみなさんに非常に身近なもの。でも、それをどう仕事や生活に活かせるか、普段から意識しているわけではないと思うんです。そういう部分をヒロインのモネを通して考えたりして、人と人とをつなぐドラマが作れるのではと思い、気象予報士を選びました」

制作統括に直撃(2)

■豊かな自然の映像美に注目

「ロケをした時期がそうだったのかもしれませんが、気仙沼の天候か変わりやすく、天気予報は晴れでも急に雲が湧いてきて雨なんてこともよくありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.