くらし情報『水谷豊との『相棒』歴が最長になった反町隆史、現場がピリつく“奔放ぶり”』

2021年5月13日 11:00

水谷豊との『相棒』歴が最長になった反町隆史、現場がピリつく“奔放ぶり”

水谷豊との『相棒』歴が最長になった反町隆史、現場がピリつく“奔放ぶり”
水谷豊と反町隆史
「早くも『相棒』の続編が決まりました。連ドラとしては20作目で、今秋から来春までの2クールで放送される予定です」(テレビ局関係者)

テレビ朝日が誇る人気ドラマシリーズ『相棒』。水谷豊が演じる杉下右京とバディ役を組むのは今回も─。

「反町隆史さんで内定しています。今回の出演で7シーズン目に入る反町さんは、初代の相棒だった寺脇康文さんの出演歴に並ぶ“最長コンビ”となりますね」(同・テレビ局関係者)

常に世間の注目を集めている相棒役。冠城亘を演じる反町の続投が決まったのは、水谷との“ソリ”が合っているからなんだとか。

「『相棒』に加入した1年目、水谷さんからのアドバイスを台本に毎回書き込んだり、作品に対して真摯に取り組む姿勢から、周囲の信頼を得ました。水谷さんが、休憩中に話そうとしていた時事ネタやうんちくをド忘れすると、すぐさまフォローに入るのも反町さん。今では、撮影のない時期もマメに連絡を取っているそうです」(制作会社関係者)

■反町のヒヤヒヤする行動も

水谷の胃袋をつかんだことも、反町が最長の相棒に指名された理由のようだ。

「反町さんは飲食店の事情に詳しく、地方ロケがあると、焼き肉店やホルモン鍋の名店、老舗ラーメン店などに“一緒に行きましょう”と誘って仲を深めています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.