くらし情報『元証券マンが断言! 60歳過ぎたら投資・年金保険・再雇用は「全部やってはいけない」』

2021年5月14日 08:00

元証券マンが断言! 60歳過ぎたら投資・年金保険・再雇用は「全部やってはいけない」

株価などが上がったらうれしくなって買い増し、下がったら怖くなって売ってしまうというように、投資の鉄則とは逆の行動に陥ります。未経験かつ勉強もせずに成功するほど投資は甘くはありません」

■退職後の投資は儲けを目的にしない

といっても、投資そのものが悪いわけではない。シニア世代にふさわしい投資スタンスで臨むべきだという。

「投資は『儲からなくてもいい』と捉えてください。儲けに躍起になるとリスクは高くなり、かえって老後不安を引き起こす結果に。今後インフレになってお金の価値が下がったとき、それに備えられる程度にお金を増やせればいいという姿勢で臨みましょう」

具体的な投資方法は?

「最も合理的なのは『つみたてNISA』や『個人型確定拠出年金(イデコ)』の制度の活用です。これを使い、世界中の株式に分散投資する投資信託を長期積立していくのがベスト。預貯金をはるかに上回る成果が望め、税制優遇の利点も享受できます」
価格変動のリスクが怖いという人には、別の方法をすすめる。

「『個人向け国債変動10年』。が望ましい。現在の利率は0・05%と低いですが、今後、金利が上昇すれば利率も上がるため、物価上昇による資産の目減りも避けられます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.