くらし情報『元証券マンが断言! 60歳過ぎたら投資・年金保険・再雇用は「全部やってはいけない」』

2021年5月14日 08:00

元証券マンが断言! 60歳過ぎたら投資・年金保険・再雇用は「全部やってはいけない」

■“退職金投資デビュー”で失敗する人とは?
・投資で儲けようとしている
・株価の動向に振り回され一喜一憂してしまう

■年金っぽい金融商品を買ってはいけない!

世の中に蔓延する年金不安。そこにつけこんだ“年金”を名のる商品は少なくない。年金のように分配金を受け取れるものなどがそう。

「それら年金っぽい金融商品に惹かれがちですが、買うべきではありません。代表格は『毎月分配型投資信託』と『個人年金保険』。どちらも資産を増やすのには不向きなのです」

毎月分配型投資信託は、運用によって得られた収益が分配金として投資家に“毎月”支払われるタイプ。

「通常の投資信託の場合、収益を還元せず再投資されるため、利息が利息を生む複利効果が得られます。でも毎月分配型投資信託だとその効果はない。しかも、分配金にはそのつど税金もかかってきます」

前述したつみたてNISAやイデコの制度で買える投資信託なら毎月分配型タイプはなし。したがって、安心して資産を増やせるというわけ。

■低金利時代の今、選ぶと損する商品は

一方の個人年金保険は、保険の保障より年金方式で給付金を受け取れることが魅力とされる商品。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.