くらし情報『コブクロ黒田が不倫、“出版差し止め請求”のウラで 過去にも起こっていた「訴訟トラブル」』

2021年5月12日 18:01

コブクロ黒田が不倫、“出版差し止め請求”のウラで 過去にも起こっていた「訴訟トラブル」

コブクロ黒田が不倫、“出版差し止め請求”のウラで 過去にも起こっていた「訴訟トラブル」
コブクロ
5月11日、コブクロの黒田俊介が『文春オンライン』に、不倫疑惑と相手女性の自殺未遂疑惑が報じられたことについて、謝罪コメントを発表した。所属事務所は同日に公式サイトを通じて、

《記事に掲載されている女性、ご家族に対して大変ご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます》

と、謝罪文を掲載。記事を全面的に認めるかたちとなった。しかし、その前日に起こしていた“ある行動”が公になったことで世間の非難にさらされている。

「不倫・自殺未遂報道をウェブで報じたわずか10分後、『文春』は続けざまに、黒田さんが東京地裁に掲載号の“出版差し止め”を請求する『仮処分命令申立書』を提出していたことも速報しました。

請求したとされるのが10日。つまり、謝罪文を出した黒田さんですが、その前日には記事を取り下げさせようと必死に動いていたということが明らかになってしまった。その往生際の悪さが露呈してしまったことも含めて、ネットが炎上中です」(スポーツ紙記者)

■少数精鋭が裏目に出て

人気グループであるコブクロだが2016年には相方・小渕健太郎も“不倫疑惑”が報じられている。『週刊新潮』には、過去に不倫していたとする2人の女性の証言が掲載され、楽曲の作風らしからぬ生々しいやりとりにファン離れが起こったことも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.