くらし情報『アフリカで「money!」とナイフを突きつけられた女性冒険家が、相手に伝えた言葉』

2021年5月17日 20:00

アフリカで「money!」とナイフを突きつけられた女性冒険家が、相手に伝えた言葉

アフリカで「money!」とナイフを突きつけられた女性冒険家が、相手に伝えた言葉
眩しい笑顔が素敵!日の丸を広げる、走る冒険家・Ponちゃん
拳銃を突きつけられて、ホールドアップ。

「命が惜しければ、金を出せ」

日本では、なかなかない話。でも海外旅行では、国によっては、ありえない話ではありません。そんなとき、いったいどう対処すればいいのでしょうか?

■「50ドルが命の値段です!」

私がかつて、1986年に行われた『第10回アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ系)に参加し、アメリカへ行ったときのこと。

ハワイのチェックポイントで勝ち抜いてアメリカ本土に飛ぶことが決まった挑戦者たちに対して、番組スタッフから、およそ次のような注意がありました。

「皆さんは、これからアメリカ本土に上陸しますが、本土は観光地のハワイと違って、危険なことがたくさんあります。裏道に入ったら、昼間でも、拳銃を突きつけられてホールドアップされても不思議はありません。皆さんの誰かにもしものことがあったら、この番組は終わります。ですから、財布のなかに最低50ドルくらい入れておいて、いざというときは、財布ごと相手にあげてください。そうすれば、たぶん命は助かります。50ドルが命の値段です!」

この注意が本当のことなのか、本土行きが決まって浮かれている出場者たちの気を引き締めるための「おどかし」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.