くらし情報『錦鯉、M-1で異彩放った“遅咲きおっさん芸人”の貧乏時代「気づいたら歯が8本も…」』

2021年5月23日 11:00

錦鯉、M-1で異彩放った“遅咲きおっさん芸人”の貧乏時代「気づいたら歯が8本も…」

錦鯉、M-1で異彩放った“遅咲きおっさん芸人”の貧乏時代「気づいたら歯が8本も…」
対談した原田龍二と錦鯉
すべてをさらけ出して前に進む漢・原田龍二。彼は今日も自らの過ちを背負いながら、新たな一歩を踏み出している。今回のゲストは、昨年の『M-1グランプリ』に彗星のごとく現れて話題をさらったお笑いコンビ・錦鯉の長谷川雅紀、渡辺隆の両名だ。遅咲きのおっさん芸人としてお茶の間をにぎわす彼らにはどんな反省があるのか、原田が迫る──。

◆◆◆

原田今日はよろしくお願いします! ご存じかわからないんですけど、僕は2年前に女性問題で不祥事を起こして、今も反省の真っ最中なんです。

錦鯉(苦笑)

原田この連載のテーマも“反省”なんですけど、錦鯉のおふたりに反省材料があるのかわからなくて……。だって今、飛ぶ鳥を落とす勢いじゃないですか。もしかして、長谷川さんの反省は奥歯がないことですか?

長谷川それは大反省です! 歯磨きをするのも歯医者に行くのもめんどくさくて、結果的に歯が8本なくなりました。

渡辺8本目はライブ中に飛んでいきましたからね。

長谷川そうなんですよ。今は仕事で食べ物の“丸呑み”をテレビで披露する機会が増えてます。でも先日、母親から電話がかかってきて「あんた、丸呑みは芸じゃないからね!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.