くらし情報『新垣結衣『退所』文言が削除、事務所との間に生まれていた“見解の相違”』

2021年5月25日 11:50

新垣結衣『退所』文言が削除、事務所との間に生まれていた“見解の相違”

新垣結衣『退所』文言が削除、事務所との間に生まれていた“見解の相違”
新垣結衣
5月19日、星野源と新垣結衣が電撃婚を発表。しかし、週刊誌界隈では「そこまで驚かなかった」といった人も多いという──。

というのも、数年前にもドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)での共演がきっかけで親密ぶりが報じられていたり、星野が新垣の住むマンションの別棟に引っ越したという報道もあったため、ふたりが真剣交際しているとみて張り込みを続けていた週刊誌が多かったからだ。

今回のゴールインに日本中は祝福ムードに包まれているが、それとは“別の視点”のコメントが多数あることにも気がつく。それは、

《事務所を辞めることができてよかったね》

新垣が所属する『レプロエンタテインメント』を退所したことを喜ぶコメントだ。かつて所属していたのん(能年玲奈)や千眼美子(清水富美加)の“独立トラブル”があったため、事務所とタレントの関係性については世間からも注目されていた。

■記事の差し替えが行われ

新垣は、結婚発表とともに、下記のように事務所との専属マネジメント契約を終了することを自身のオフィシャルファンクラブサイトにて報告した。

《この度、私、新垣結衣はレプロエンタテインメントとの専属マネジメント契約を終了し、今後は個人として活動していくことになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.