くらし情報『中村倫也が『珈琲いかがでしょう』共演の宮世琉弥と“深夜3時まで”どハマりするもの』

2021年5月24日 21:00

中村倫也が『珈琲いかがでしょう』共演の宮世琉弥と“深夜3時まで”どハマりするもの

中村倫也が『珈琲いかがでしょう』共演の宮世琉弥と“深夜3時まで”どハマりするもの
中村倫也
4月からスタートしたドラマ『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系)が5月24日、ついに最終回を迎える。

「主演は中村倫也さん。キッチンカーでコーヒーを移動販売する主人公に、悩みを抱える人が救われていくドラマです。話が進むにつれ、謎に包まれた主人公の過去が明らかになっていきました」(テレビ誌ライター)

丁寧に淹れたコーヒーをそっと差し出し、優しい言葉を囁く中村に、視聴者たちは、もうメロメロ。

「各話のゲストには貫地谷しほりさんや野間口徹さん、滝藤賢一さんなどの実力派が勢ぞろい。磯村勇斗さんも主人公の過去を知るひとりとして重要な役どころを好演していました。ドラマ後半に“キーマン”として登場した宮世琉弥クンも、若いのにいい演技をしていましたよ」(同・テレビ誌ライター)

宮世は宮城県出身の17歳で、2020年のドラマ『恋する母たち』(TBS系)や2021年のドラマ『青のSP』(フジテレビ系)などに出演。まだまだ駆け出しではあるが、撮影現場ではこんな姿も。

「スタッフに“中村さんに憧れます。カッコいいなぁ”って目をキラキラさせながら話していました。少しでも技術を吸収しようと演技について、中村さんに相談していましたよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.