くらし情報『清原果耶「着物姿で爆走した体育祭」 幼少〜ブレイク前夜までの“伝説エピソード”』

2021年5月26日 06:00

清原果耶「着物姿で爆走した体育祭」 幼少〜ブレイク前夜までの“伝説エピソード”

清原果耶「着物姿で爆走した体育祭」 幼少〜ブレイク前夜までの“伝説エピソード”
清原果耶(19)
5月17日からスタートしたNHK朝ドラ『おかえりモネ』が好評だ。ヒロインを務めるのは『あさが来た』『なつぞら』に続き、3度目の朝ドラ出演となる清原果耶(19)。そんな彼女を知る地元の人やテレビ関係者に話を聞くと、数々の伝説が飛び出して―。

■幼少期にみせた才能の片鱗

「女優デビュー作の朝ドラ『あさが来た』の撮影当時から、NHKのスタッフは“あの子はすごい!”と絶賛していましたね。業界では、朝ドラヒロインになるのも時間の問題だと言われていました」(芸能プロ関係者)

朝ドラ104作目となる『おかえりモネ』。天気予報の可能性と魅力を知り、やがて気象予報士を目指すヒロイン役を演じているのが、19歳にして数多くの賞を受賞している実力派・清原果耶だ。

朝の顔となった彼女の原点を調べるため地元・大阪に飛んだところ、驚くべきエピソードが次々と飛び出した─。

3歳のころから家のテーブルをステージ代わりにして歌って踊るのが大好きだったという清原。通っていた幼稚園では、早くもその才能の片鱗を見せていたという。

「お遊戯会ではクラスごとにアニメの歌を披露したのですが、清原さんは誰よりも声が大きく上手でしたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.