くらし情報『青木さやかが「親にも娘にも伝えなかった」肺がんの手術後、封印した“ひと言”とは』

2021年6月4日 19:00

青木さやかが「親にも娘にも伝えなかった」肺がんの手術後、封印した“ひと言”とは

青木さやかが「親にも娘にも伝えなかった」肺がんの手術後、封印した“ひと言”とは
インタビューに答える青木さやか。がんになったことは、自分の親にも娘にも伝えなかったという
タレントの青木さやかさんが今年5月、母親との長年にわたる確執などについて綴った『母』(中央公論新社)を出版しました。そこで明かされたのは、青木さんが肺がんを患い、手術を受けていたこと。仕事と育児をしながら、どのようにがんを乗り越えたのか。YouTube『たかまつななチャンネル』で聞きました。

■「がんの告知」は驚くほど軽かった

――今回、本を出されて、その内容がめちゃくちゃ素敵でした。青木さん、実は肺がんだったと。

青木:肺がんのひとつである『肺腺がん』でした。きっかけは、先輩に誘われて受けた人間ドック。「肺に小さな影があります。大きくなっていくようなら、がんの可能性が高いので、様子を見ましょう」と。結局、5年くらい前に影が大きくなったんです。再検査のあと、診察室に呼ばれて入ったら、先生がこっちも見ないで「ああ、これ、がんですね。どうします?」っていう感じ。軽いでしょ?

――そんな軽い感じで告知されるんですか。

青木:家族が呼ばれて(緊張感の中で伝えられる)というイメージだったけれども、全然違いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.