くらし情報『伊藤健太郎が返済を誓う「7億9000万円」の内訳、CM違約金が高額請求になる理由』

2021年5月28日 11:00

伊藤健太郎が返済を誓う「7億9000万円」の内訳、CM違約金が高額請求になる理由

伊藤健太郎が返済を誓う「7億9000万円」の内訳、CM違約金が高額請求になる理由
伊藤健太郎
昨年10月にひき逃げ事故を起こして芸能活動を自粛していた伊藤健太郎。先日、TBS系『新・情報7daysニュースキャスター』の取材に答えるも、まるで他人事のような受け答えに、視聴者からはさらなる顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまった。そんな伊藤に請求された “違約金”は7億9000万円にものぼると報じられている。インタビューでは返済について「働いて…」と言葉を詰まらせていたがーー。

* * *

■CM15秒の料金はいくらか

7億9000万円――。

昨年10月に道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕され、今年3月に不起訴処分となった俳優の伊藤健太郎(23)が、CMのスポンサーなどから請求された違約金として報じられた合計額である。

平均的なサラリーマンの生涯収入は2億5000万円程度だから、莫大な金額だ。とはいえ、これを超える違約金の額もある。薬物事件で逮捕され、有罪が確定した女優は、約10億円に達したと言われている。

伊藤の場合、後に7億9000万円からやや減額されたという。それでも数億円単位であるのは間違いない。なぜ、違約金はこんなにも高額になるのか。

その理由はCMにある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.