くらし情報『阿部寛『ドラゴン桜』で「東大へ行け!」も、娘に望む「学力だけじゃない」進学先』

2021年6月6日 18:00

阿部寛『ドラゴン桜』で「東大へ行け!」も、娘に望む「学力だけじゃない」進学先

阿部寛『ドラゴン桜』で「東大へ行け!」も、娘に望む「学力だけじゃない」進学先
阿部寛
日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)が後半戦に突入し、引き続き人気を集めている。

「阿部寛さんと長澤まさみさんが演じる弁護士が、経営破綻寸前で偏差値32の高校を再建すべく、生徒たちを東京大学に合格させようと奮闘する物語。生徒役にKing & Princeの高橋海人さんや、元欅坂46の平手友梨奈さんが出演していることでも話題です」(テレビ誌ライター)

いよいよ東大を目指す特別クラスのメンバーがそろい、熱血指導にはさらに力が入りそう。

破天荒な指導者を演じている阿部だが、私生活では’11年と’12年に生まれた年子の娘2人のパパ。

「仕事が忙しくないときは、子どもの送り迎えをしていますよ。休みの日は娘さんたちと一緒に出かけたり、遊んであげたりしているみたいです。娘さんたちもそんな父親のことを慕っていて、『ドラゴン桜』も毎週楽しみにしているそう」(芸能プロ関係者)

わが子のために“苦手な場所”にも足を運ぶ。

「ときどき、’08年に結婚した15歳年下の奥さんが参加するママ友の集まりに、阿部さんも顔を出していますよ。普段の阿部さんはテレビの熱血漢なイメージとは真逆で、無口で極度の人見知り。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.