くらし情報『枕営業強要の自称プロデューサー男、未成年を妊娠・堕胎の過去も「無反省」の鬼畜ぶり』

2021年6月1日 04:00

枕営業強要の自称プロデューサー男、未成年を妊娠・堕胎の過去も「無反省」の鬼畜ぶり

枕営業強要の自称プロデューサー男、未成年を妊娠・堕胎の過去も「無反省」の鬼畜ぶり
卑劣なウソで女性を騙し性行為に及んでいた清成容疑者(知人提供)
「未成年の女の子とのセックス動画を見せびらかして自慢していましたね。あたかも自分が、芸能界の大御所かのように振る舞っていました……」

容疑者を知る音楽業界関係者が手口を明かす──。

■自称・音楽プロデューサーの本当の顔

準強制性交、わいせつ目的誘拐の疑いで5月18日、池袋署に逮捕された自称・芸能プロデューサーの清成啓貴(きよなり・ひろき)容疑者(27)。

芸能界を志望する女性に枕営業を強要していた。

「容疑者はSNSで『音楽活動に興味がある人募集』と書き込み、連絡してきた女性に今年2月、都内で面接をした。

そこで、“デビューするためには枕営業しないといけない。俺を接待したら仕事をやる”と騙してホテルに連れ込み、暴行した」(テレビ局記者)

その後、容疑者と連絡が取れなくなった女性は不審に思い、警察に通報。容疑者はほかにも複数の女性とSNSでやりとりしていた。

埼玉県出身の容疑者。

「高校では吹奏楽部に所属していた。その後、東洋大学在学中にはアマチュアの音楽ユニットを組み、ネットで音楽配信もしていましたが、全然売れていなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.