くらし情報『【人生100年時代】入院・介護・葬儀費用まで、“老親コスト”を削減する方法』

2021年6月5日 11:00

【人生100年時代】入院・介護・葬儀費用まで、“老親コスト”を削減する方法

【人生100年時代】入院・介護・葬儀費用まで、“老親コスト”を削減する方法
イラスト/柏屋コッコ
親が年齢を重ねてくると、子としてはいろいろ不安になってくるもの。この先、親が倒れたときの入院、そして介護にいったいどのくらいのお金がかかる?要介護になって施設を利用するとしたらとてつもないお金がかかるのでは?などなど……。子である自分たちの収入がおぼつかないなか、どんよりした気持ちになってしまう。

「そんなに怖がる必要はありません。日本の健康保険制度や介護保険制度はけっこう充実しているので、意外とお金はかからないんですよ。まずはそういった公的制度について知るといいですね」

そう教えてくれるのは、老親の介護とお金の問題に詳しい太田差惠子さん。

「それから、老親の入院費用や介護費用は、親自身に負担してもらうこと!これが大前提です」(太田さん、以下同)

■「親にかかるコストは基本、“親もち”です!」

親にかかる入院・介護費を本人たちに負担してもらうなんて、なんだか申し訳ない気がするけれど……。

「今は人生100年時代です。特に女性は105歳まで生きると考えたほうがいい。だから、例えばいま70歳のお母さんだったら、あと35年は生きられます。あらかじめお金を計算・準備しておかないと足りなくなっちゃう可能性があるんですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.