くらし情報『由紀さおりが語る「志村けんさん」への思い、コロナ禍での変化と“これから”』

2021年6月11日 08:00

由紀さおりが語る「志村けんさん」への思い、コロナ禍での変化と“これから”

がんに身体をむしばまれていく冬子にとって筋力や体力を使うハンググライダーは決して簡単な挑戦ではない。はたして、彼女は空を飛ぶことができるのか。そして、胸にしまい続けてきた淡い初恋の結末も解き明かされていく。

■撮影時から一変した現在の生活

今作の撮影は、新型コロナウイルスが蔓延する以前。当時は、世の中がこんなことになるとは夢にも思っていなかった。

「こんなに自宅にいる生活も初めて。最初のころは今までの疲れが噴き出す感じで、あまり調子がよくなかったんです。でも、これじゃいけないと仕事をしていたときと同じようにスケジュールを入れるようにしました。

若い方の1年と私たちのとは、まったく意味が違う。コロナが収束して“歌ってください”と言われたときに以前と同じようにマイクの前で歌える自分をつくっておけるか、すごく不安を感じたんです」

以前からのどの状態を診てくれている医師への週1回の通院は変えず、パーソナルトレーナーとのトレーニングを増やし、ヒールを履いて歌える身体でいたいとひざを診察してくれる整形外科にも通うようになった。余分なものを食べないようウエイトコントロールも心がけている。

身体をより思いやるようになったのは、昨年逝去した志村けんさんのこともあったのだろうか?

「いかりやさんが旅立たれたときもすごく衝撃だったけど、志村さんもそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.