くらし情報『小室圭さん、五輪利用の“どさくさ帰国”で天皇陛下へ「3度目の無礼」』

2021年6月8日 00:00

小室圭さん、五輪利用の“どさくさ帰国”で天皇陛下へ「3度目の無礼」

小室圭さん、五輪利用の“どさくさ帰国”で天皇陛下へ「3度目の無礼」
小室圭さん
「天皇陛下は東京オリンピックとパラリンピックの名誉総裁に就任されていますが、新型コロナが依然収束していないことから、大会開催の是非が問われている状況です。

一方、7月にニューヨーク州での司法試験を控える小室さんですが、この一大行事を“利用”するおそれがあるとの話が浮上しています」(宮内庁関係者)

アメリカ・ニューヨーク州のロースクールを無事卒業した小室圭さん。いまだ長引く眞子さまとの結婚問題が、東京五輪とどう関係するのだろうか。

■陛下にとって思い入れの強い東京オリンピック

そもそも、皇室と五輪の縁は深く、’64年の東京大会の開会式には皇室の方々が参列され、昭和天皇が開会宣言を行った。現在の陛下にとっても思い入れの強い大会である。

「天皇陛下は、外国との国交樹立の節目となる年に日本側の名誉総裁になられることはあります。例えば’15年にベルギーとの外交関係樹立から150年を記念する名誉総裁を上皇陛下(当時天皇陛下)が務められました。

しかし、国内の団体や組織の名誉総裁に就かれることはほとんどありません。五輪の名誉総裁はレアケースです。

前回の東京五輪は会場で競技を観戦されたなどの思い出もおありでしょうから、今回の五輪は特別なイベントでしょうね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.