くらし情報『故・大杉漣さんが演じた『教誨師』、受刑者や死刑囚を“償い”に導く仕事の重みと葛藤』

2021年6月9日 05:00

故・大杉漣さんが演じた『教誨師』、受刑者や死刑囚を“償い”に導く仕事の重みと葛藤

自殺したらそれは罪から逃げることになり、償いにはならない。ずっと十字架を背負って生きなければならないんです。生きる、ということは神がその人が罪を背負って生きる歩みを支え、赦(ゆる)し、救いに導いてくださっているのです」

犯罪者なのに救われるのは納得がいかない、という声もあるというが……。

「宗教で救われたら楽になるわけじゃない。信仰が深まれば深まるほど罪を自覚していくので、受刑者は教誨師と向き合っても救われるわけではない。自分の罪と向き合い、悩み、考え続けることが贖罪なんです」(石塚教授)

自分が万能でないと知り、弱い存在であることを認め、罪と向き合い悩む中で、神や仏と出会う手助けをする存在なのだ。前出の加藤牧師は、

「再犯を防ぐためには『絶対的な存在』は不可欠です。もし、罪を犯しそうになったとき、神は止めてくれる存在でもあることを伝えています。苦しいときや誘惑に晒されそうになるとき“助けてくださいと祈りなさい”と。絶対者と向き合うことで自分を見つめなおすことができます」

だが、受刑者の中には罪と向き合うどころか“これだけの期間入れば出られる”と日数を過ごしたり、反省すらしていない人もいるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.