くらし情報『6000件超の相談を受けた「いじめ探偵」が教える、わが子を守るために即すべき対策』

2021年6月10日 05:00

6000件超の相談を受けた「いじめ探偵」が教える、わが子を守るために即すべき対策

6000件超の相談を受けた「いじめ探偵」が教える、わが子を守るために即すべき対策
LINEをはじめSNSを介したいじめは、スクリーンショットをとるなどして証拠を残すこと(写真はイメージ)
文部科学省が2020年に発表した統計によると、全国の小中高校などで認知されたいじめは61万2496件で、6年連続の増加。’13年度に集計が始まって以来、過去最多となった。

「ここ数年、いじめが低年齢化する傾向にあります。かつては考えられなかったような巧妙なケースも目立ちます」

そう語るのは、いじめの調査や被害者支援を行うNPO法人『ユース・ガーディアン』代表の阿部泰尚さん。本職である探偵業と並行しつつ、これまでに6000件を超えるいじめの相談を受け、解決に導いてきた。そうした経緯から阿部さんを「いじめ探偵」と呼ぶ人もいる。

■“情報操作型”のいじめが増加

前出の調査で、いじめの増えた割合が前年比で最も大きかったのは、小学校だ。

「私たちが受けている相談では、“あの子と一緒にいると嫌われる”“裏で悪口を言っていたよ”などと理不尽な噂を流して友人関係を壊し、被害者を孤立させるタイプのいじめが増えていますね。こうした情報操作型のいじめは、かつては小学校高学年や中学生の間でよくみられるものでしたが、最近は低学年でも目立つようになっています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.