くらし情報『高岡早紀が演じた “自称28歳・最恐の純愛モンスター”、テレビの前で娘は「え!?」』

2021年6月18日 05:00

高岡早紀が演じた “自称28歳・最恐の純愛モンスター”、テレビの前で娘は「え!?」

高岡早紀が演じた “自称28歳・最恐の純愛モンスター”、テレビの前で娘は「え!?」
高岡早紀
「最初にリカをドラマでやらせていただいて、テレビで“雨宮リカ、28歳”と言葉が流れたとき、娘が“えっ!?”って反応をして私の顔とテレビを見比べるんですよ。“よくママ28歳なんて言ってるね”みたいな顔で(笑)。

その後、放送が始まってからは友達や初めて会う人からもよく年齢を聞かれるようになって。あまりにも聞かれるので、ライブをやるときにはあえて、“はい、28歳です!! ”と挨拶で使わせていただいています(笑)」

年齢、経歴、住所、すべてが偽り。愛する人を手に入れるためならば手段を選ばない、最恐の純愛モンスターを高岡早紀が演じ話題となった『リカ』がついに映画化。

狂気と化したリカの衝撃的なセリフの数々に加え、ワイヤーアクションに挑戦するなど、ドラマ版よりもさらにパワーアップしている。

「本格的なワイヤーアクションは初めて。あまり好きなほうではないので、ちょっと怖いなと思っていたんです。でも、現場に行って“試しにやってみましょう”なんて言われて飛んでみたら、身体に負荷がかからず、まさにピーターパン気分で楽しかったんです。なので、もっとやりたいなんて言ったら、スタントマンの方に“早紀さん、私の仕事がなくなります”と言われて、“あっ、すみません”ってお譲りしました(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.