くらし情報『林眞須美死刑囚、虐待死した16歳の初孫の名に込めた“想い”と長女家族に起きていた異変』

2021年6月22日 05:00

林眞須美死刑囚、虐待死した16歳の初孫の名に込めた“想い”と長女家族に起きていた異変

林眞須美死刑囚、虐待死した16歳の初孫の名に込めた“想い”と長女家族に起きていた異変
林真須美死刑囚(写真/共同通信イメージズ)
「長女が婿さんと孫を連れて、眞須美に面会に来たそうです。“色が白い子で、婿さんに似て、目のクリッとしたかわいい子やった”って」

14年前の’07年、雑誌のインタビューに答えるのは林健治さん(76)。“眞須美”とは、健治さんの妻で、’98年7月に起きた『和歌山毒物カレー事件』で逮捕された林眞須美死刑囚(59)のことだ。

和歌山市園部の夏祭り会場で提供されたカレーを食べた人が次々と嘔吐。4人が死亡、63人が腹痛と吐き気に襲われるという大惨事となった。のちにヒ素中毒であることが判明し、事件から2か月半後に眞須美死刑囚が逮捕される。

■再審請求が受理されたのと同時に悲劇が

冒頭の孫は眞須美死刑囚にとって初孫で、目に入れても痛くない存在だった。そのため、拘置所で自ら孫の名をつけたという。その名は“心桜”と書いて“こころ”と読む。

「字画を全部調べて、縁起がいい名前を、一生懸命考えてつけたそうです」(健治さん)

この健治さんのインタビュー直後、死刑判決が確定した眞須美死刑囚。それが再び動き出したのは今月9日。和歌山地裁に無実を求めて再審請求を行い、受理されたことが明らかになった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.