くらし情報『「女性が不妊になる」「脳出血を起こす」新型コロナワクチンの“噂”を医師が解説』

2021年6月23日 08:00

「女性が不妊になる」「脳出血を起こす」新型コロナワクチンの“噂”を医師が解説

“新型コロナへの切り札”といわれ世界中で接種が進むワクチン。日本でもかなり接種数が増えてきたがそれに伴い、嘘かまことかわからない副反応などの噂も……。ワクチンの専門家が集まり、新型コロナワクチンに関する情報を開示していくプロジェクト『こびナビ』の副代表・木下喬弘先生が、噂の真偽を解説!

「女性が不妊になる」「脳出血を起こす」新型コロナワクチンの“噂”を医師が解説
※写真はイメージです■<噂1>
ファイザーのワクチンは脳出血を起こしやすく、死亡者も出た

日本でワクチン接種後、4日後に基礎疾患のない26歳の女性が脳出血で亡くなったことが報告された。アメリカでも同様の脳出血の報告はあったというが……。

「アメリカでは2億回以上、ファイザーのmRNAワクチンが打たれていますが、脳出血が増えたという報告は一切ありません」

と、木下先生。

「ワクチンを打ったあとにたまたま脳出血を起こした可能性が高く、因果関係の誤解釈でしょう」(木下先生、以下同)

だが、死亡者が出たと聞けば不安になるのも当たり前。

「ワクチンを打ったあとに起きた、すべての体調不良を『有害事象』といいます。例えば、ワクチンを打ったあとに交通事故に遭ったことも『有害事象』です。これはワクチンが原因でないことは明らかです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.