くらし情報『佐藤健、来年の『日曜劇場』山崎豊子原作の超大作主演に内定も“悶々”の日々』

2021年6月27日 19:00

佐藤健、来年の『日曜劇場』山崎豊子原作の超大作主演に内定も“悶々”の日々

佐藤健、来年の『日曜劇場』山崎豊子原作の超大作主演に内定も“悶々”の日々
佐藤健
今年3月いっぱいで、15年間所属した事務所から独立した佐藤健が、絶好調だ。

「6月から公開の主演映画である『るろうに剣心 最終章 The Beginning』と4月末に公開された『The Final』の2作が興収ランキングで1、2位を独占するなど、前作に引き続き大ヒット。現在、2作合わせての興収は50億円を超えていますが、まだまだ伸びますね」(映画ライター)

’12年から佐藤が主役を演じ続けた『るろ剣』シリーズは、今回で完結。代表作が終了し、今後はどのような展望を抱いているのだろうか。

「佐藤本人は“世界に発信できるような作品に出たい”と周囲に話しています。事務所を独立して、仕事の自由度が上がったからでしょう。プライベートは二の次で、今は完全に仕事モードみたい。実際、いろいろな仕事のオファーが舞い込んでいるそうです」(芸能プロ関係者)

■大規模な中国ロケも予定

気合の入る佐藤が早速、来年放送予定の大作に出演するという情報をキャッチ!

「来年10月クールのTBS系で放送予定の『日曜劇場』に、佐藤さんの主演が内定したそうです。山崎豊子さんの小説『大地の子』が原作で、佐藤さんは波瀾万丈の人生を送る中国残留孤児を演じるとのこと」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.