くらし情報『木村拓哉、全編英語のドラマ出演は「セリフ量も多い」 それでも“問題ナシ”の理由』

2021年6月23日 11:15

木村拓哉、全編英語のドラマ出演は「セリフ量も多い」 それでも“問題ナシ”の理由

木村拓哉、全編英語のドラマ出演は「セリフ量も多い」 それでも“問題ナシ”の理由
木村拓哉
木村拓哉が再び世界進出に乗り出すようだ。

動画配信サービスHuluで配信される“全編英語の国際ドラマ”『THE SWARM』(世界同時放送・配信予定)への出演が決まったという。

木村にとって海外ドラマは初出演となるのだが、ここで懸念されるのは彼の英語力だろう。かねてから静香とCocomi、Koki,は英語が堪能だとされているが、はたして……。

木村が初めて出演した国際的な作品といえば、香港映画『2046』(2004年)だ。続いて出演したフランス映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』(2009年)ではその英語力がどれほどのものか注目されていたが、そもそも彼が英語を使うシーンが極端に少なかったため、その力量を測ることはできなかった。

そして、サムライ映画『無限の住人』(2017年)を携えてカンヌ映画祭に乗り込んだときのこと。英語でインタビューの受け答えをする木村の映像がいまも残っている。たどたどしい英語にも聞こえるが、この映像を視聴した外国人YouTuberによると「文法や発音がところどころ正しくないところもあるが、しっかり伝わる」とある。

■オンライン英会話を利用して

……さて、現在の木村はどうなのか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.