くらし情報『自己肯定感が低くなる理由と、心のクセの直し方「誹謗中傷にも強くなる」』

2021年6月26日 12:00

自己肯定感が低くなる理由と、心のクセの直し方「誹謗中傷にも強くなる」

ズバリ、自己肯定感が低い人の原因は“メンタルノイズ”のせいだと説くのは、今まで8000人の悩みを解消してきた人気心理カウンセラーの山根洋士さん。

“メンタルノイズ”とは、自分の心の邪魔をする無意識の心のクセ=心のノイズのことを山根さんが表現した言葉だ。「どうせ私なんか」「無理、できない」「失敗したらどうしよう」「嫌われたくない」と思いためらってしまうことは誰にでもあるもの。

山根さんによれば、人の行動の9割は無意識に行われているとされ、6歳までの体験や記憶が潜在意識に蓄積されてノイズの素になるのだそう。そして、ノイズはその後も生きる過程で、どんどん増えていく。

「自己肯定感の低い人に必要なのは、自己肯定感を高めることではない」と山根さんは言う。大事なのは、まず自分の“メンタルノイズ”に気づくこと(自己認知)であり、悩みや問題に直面したときに、いい面も悪い面も含めて、今の自分に納得できる“自己納得感”だと──。

ここでは、まず自己肯定感が低くなる理由と、その心のクセの直し方を紹介しよう。(※本稿は、『「自己肯定感低めの人」のための本』(山根洋士=著、アスコム)の一部を再編集したものです。)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.