くらし情報『耐性がついた「スーパーG」の出現も! 最盛期を迎える“7月ゴキブリ”の封じ手』

2021年6月30日 08:00

耐性がついた「スーパーG」の出現も! 最盛期を迎える“7月ゴキブリ”の封じ手

耐性がついた「スーパーG」の出現も! 最盛期を迎える“7月ゴキブリ”の封じ手
※写真はイメージです
最近、特に多く見かけないだろうか。ゴソゴソ動くあの黒い物体……。コロナ禍の環境がさらに好条件となっていて、駆除業者へのオーダーが急増、対策グッズも売れている。ヤツらが最盛期を迎える7月。ここで手を打っておけば、来年度の発生率もグッと抑えられる。

■ステイホームはゴキブリの“スイートホーム”

「今年の夏は、いつも以上にゴキブリが多くなりそうです」

そう話すのは、虫ケア用品の日本最大手、アース製薬の有吉立さん。兵庫県にある同社研究所で、日々、ゴキブリをはじめとする数万匹もの害虫の生態を研究する女性だ。

「家庭でよく見るのはクロゴキブリ、飲食店などに多いのがチャバネゴキブリ。コロナの影響もあって、このクロゴキブリの好む環境が住まいに整ってしまったことが、その原因のひとつ」

去年からステイホームが日常化。家での食事が増えてゴミが増し、家電の消費アップで家の中で暖かい場所も増加。人間のステイホームはゴキブリのスイートホーム。昨年の夏は、業者へのゴキブリ駆除の依頼が前年同月比で倍以上の238%(「くらしのマーケット」)になったが、今年はすでにそれを上回る勢いだ。

クロゴキブリは屋内と屋外を移動し、気温の下がる冬季は休眠している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.