くらし情報『不倫した妻が「私は悪くない」と自己正当化、被害者の夫を責め立てる邪悪な思惑』

2021年7月4日 20:00

不倫した妻が「私は悪くない」と自己正当化、被害者の夫を責め立てる邪悪な思惑

離婚をめぐる話し合いが自分に有利に進むようにするため、あるいは不倫相手に慰謝料や損害賠償を請求するため弁護士に相談するのは、かなりハードルが高いようです。そんなことは思いもよらないし、そのためのお金もないという方が実際には多いのではないでしょうか。

第一、打ちのめされていて、それだけのエネルギーがないのでしょう。もっとも、精神科医のもとを訪れる患者には、強い喪失感からうつになった方が圧倒的に多いという特有の事情があるため、そのような印象を私が受けるのかもしれません。

■「夫の不倫は妻が至らないせい」と責められ

世間では、不倫はやってはいけない“悪”とされています。ですから、罪悪感を覚えるのは不倫した側のはずというのが通常の感覚でしょう。それに対して、不倫された側は、傷つき、多かれ少なかれ損害を被ったのですから、通常の感覚からすれば被害者とみなされてしかるべきです。

ところが、なかには不倫した側が「自分は悪い」とは思っておらず、逆に不倫された側が罪悪感を覚える夫婦もいるようです。たとえば、夫の不倫を知ってうつになった30代の女性は次のように訴えました。

「夫は私のせいだと言うんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.