くらし情報『不倫した妻が「私は悪くない」と自己正当化、被害者の夫を責め立てる邪悪な思惑』

2021年7月4日 20:00

不倫した妻が「私は悪くない」と自己正当化、被害者の夫を責め立てる邪悪な思惑

もちろん、夫婦のどちらかが不倫した場合、片方が完全に黒で、もう片方が完全に白ということはありえないでしょう。不倫した側にもそれなりの理由や言い分はあるかもしれませんし、不倫された側にも責められる点はあるかもしれません。それでも、夫婦関係にヒビが入るようなことをしたという点で、どちらにより責任があるかといえば、どう考えても不倫した側ではないでしょうか。

にもかかわらず、「自分は悪くない」と開き直り、逆に配偶者を責める人が一定の割合でいるのです。責められた側も、自分は被害者のはずなのに、「不倫の責任は自分にあるのかもしれない」「悪いのは自分のほうかもしれない」などと罪悪感を覚えることがあります。

■妻に「DV夫」と言われ罪悪感にさいなまれる

妻の不倫を知って眠れなくなり、私の外来を受診した30代の男性もその1人で、次のように訴えました。

「妻は『私は悪くない』と言ったんです。そのうえ、妻は『私は自由にしたいのよ。あなたの独占欲が強すぎて束縛夫だから、息が詰まりそうだったのよ。結婚生活に不満があったから、誘惑されてしまったんじゃないの。私に不倫してほしくないんだったら、あなたが私を満足させてくれればいいのよ』とも言いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.