くらし情報『筧千佐子被告、死刑確定 被害者に「幸せ」といわしめた骨抜きテクと秀才少女時代』

2021年7月7日 18:30

筧千佐子被告、死刑確定 被害者に「幸せ」といわしめた骨抜きテクと秀才少女時代

被害者の一人Bさんを知る友人の話だ。

「Bさんはお金は持っていたんだけど、質素な生活をしていて、たまの楽しみが、実は風俗だったんです。その人が結婚するんだって聞いた時には、『あっちのほうはどう?』と聞いたら、『そりゃあ、いい女だよ。積極的だ』って。それで、みんな『よかったね』って言っていたんですけどね」

結婚したと聞いてから数か月後にBさんは亡くなったということを、その友人は保険
関係の人の調査で聞いたという。

また別の被害者Cさんは、千佐子被告と会って初めて「幸せ」を知ったという。Cさ
んの近所の人の話だ。

「会社勤めをしながら、農業をされていた人で、すごい真面目だったんですよ。判で押したような生活をしている人で。ずっと母親と二人で生活していて独身でした。母親が亡くなって、定年で職を辞めたのを期に『結婚したい』と言っていて、その条件は最初は『40代くらいの年下』だったらしいのですが、見合いをした同世代の千佐子に骨抜きにされていたようです。なんだか、結婚をして生活が変わったようで農協の関係者のほうに『オレは今が一番幸せだ』って言っていたそうです。でも、その数か月後にあっけなく急死してしまった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.