くらし情報『大谷翔平がプロ入り後の初キャンプに唯一、持ち込んだ「無名の会社員が書いた本」』

2021年7月11日 19:00

大谷翔平がプロ入り後の初キャンプに唯一、持ち込んだ「無名の会社員が書いた本」

そして著者は……。

自分で言うのは、恥ずかしい限りなのですが、実は私なのです。

しかも、私にとっては初めての本で、この本を出したときは、まだ、クイズ番組に出演したことがあるだけの「無名の会社員」でした。そんな自分のデビュー本を、あの大谷選手が、プロ入りして最初のキャンプに持ち込む唯一の本として選んでくださったのは、私にとっては奇跡的な出来事です。

すでに自分の著書でも自慢……ではなくご報告をさせていただきましたし、SNSでも書かせていただいていますが、今回は、最近の大谷選手の大活躍に刺激され、恥ずかしながら、なぜ大谷選手がその1冊をキャンプへ持っていってくれたのか。その真相についてお話をしたいと思います。

実は、私のその本を読んでくださった女性スポーツライターの方が、日ハムのキャンプに参加する直前の大谷選手に「面白い本があるよ、読んでみたら」と手渡してくれたのがきっかけでした。

その女性は、東北地方のアマチュア野球やプロ野球を取材されているライターで、大谷選手とは以前からずっと知り合いだったのです。では、どうして私は、大谷選手がキャンプに本を持参してくれたことを知ることができたのか?それは、そのライターさんから、アスコム社に手紙が届いたおかげでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.