くらし情報『離婚成立の福原愛「共同親権」で“母の面目”保つも、“不倫うやむや”で前途多難』

2021年7月9日 17:00

離婚成立の福原愛「共同親権」で“母の面目”保つも、“不倫うやむや”で前途多難

離婚成立の福原愛「共同親権」で“母の面目”保つも、“不倫うやむや”で前途多難
福原愛(2018年『Tリーグ』ユニフォーム発表会にて)
《夫婦で協議した結果、双方合意のうえで離婚が成立いたしました。私どもの子ども達については、共同親権となりますので、少しでも子ども達への影響を減らすことができるよう、それぞれ努力いたします。》

7月8日、元台湾代表の卓球選手・江宏傑(ジャン・ホンジェ)氏と連名で離婚が成立したことを発表した福原愛。発端は2月に『女性セブン』が報じた別居“準備”だった。

「報道前に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、江氏とのすれ違い生活を明かしていました。しかし、その後すぐ『女性セブン』が愛ちゃんの“不倫”現場をキャッチする一方で、『週刊文春』は江氏からのモラハラや、義姉の江恆亘(ジャン・リガ)さんら家族との間で起きたというトラブルを暴いたのです。

ところが、愛ちゃんサイドは不倫を頑なに否定。とは言え、楽しげに横浜デートをして2連泊する“決定的な姿”をキャッチされたことで、純粋だった“泣き虫愛ちゃん”のイメージは脆くも崩れ去り、世間からは厳しい目が向けられるように」(ワイドショー・ディレクター)

福原に復縁する意思はなく、台湾に残した2人の子どもの親権をめぐって離婚協議がはじまった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.