くらし情報『無免許運転の都ファ・木下ふみこ氏が直撃に居留守!公職選挙法違反に為書き捏造疑惑』

2021年7月9日 19:15

無免許運転の都ファ・木下ふみこ氏が直撃に居留守!公職選挙法違反に為書き捏造疑惑

無免許運転の都ファ・木下ふみこ氏が直撃に居留守!公職選挙法違反に為書き捏造疑惑
木下ふみこ都議会議員
「本当にふざけてますよね。事故を起こしていたと選挙前にわかっていたら、絶対に投票しなかったのに……」

木下都議に投票した板橋区の有権者は憤る──。

■無免許運転発覚で「除名」処分

7月4日に投開票が行われた東京都議会選挙。板橋区からは都民ファーストの会が擁立した木下ふみこ都議会議員(54)が出馬し、当選していた。

ところが当選直後、驚きの事実が発覚した……。

「木下都議は選挙期間中の7月2日、免停中にもかかわらず自動車を運転し、さらに板橋区内で衝突事故を起こしていたことが選挙後の5日に報道されました。

この事故により車を運転していた50代の男性と同乗者の妻が負傷しましたが、木下都議は“大きな事故ではまったくない”と開き直っています」(テレビ局記者)

事故を受けて木下都議は、「2月ごろに免許停止になったが、7月2日から運転できると勘違いしていた」

「選挙活動中で、選挙対策本部には(事故を起こしたことを)話したが、他には説明できていなかった」

などと弁明していた。

しかしその後、都民ファーストの会は「党や党の選挙対策本部には事故発生時の連絡は一切入っていなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.