くらし情報『大谷翔平「正月に恩師にLINE」地元の評判と、家族に聞いた「狩野舞子のこと」』

2021年7月12日 21:00

大谷翔平「正月に恩師にLINE」地元の評判と、家族に聞いた「狩野舞子のこと」

大谷翔平「正月に恩師にLINE」地元の評判と、家族に聞いた「狩野舞子のこと」
小学生時代の大谷翔平
驚異的、怪物─そんな言葉すら、もはや生ぬるいかもしれない。アメリカ・メジャーリーグのエンゼルスに所属する大谷翔平の活躍っぷりのことだ。ピッチャーとバッター両方をこなせる“二刀流”選手として海を渡ってからはや4年目。ついに今年、その潜在能力を爆発させている。多くのプロ野球選手を取材してきたスポーツライターも、その圧倒的なパフォーマンスにはただただ舌を巻くばかり。

「投手としては最速162キロの剛速球を投げ込み4勝。ほかの日本人投手たちだって今のところ4~7勝しかしていませんから十分すぎる活躍です。さらにすごいのは言うまでもなくバッターとして。並み居るメジャーの強打者を抑えてホームラン数で現在トップを独走中ですからね。まさか、ここまでとは……。野球マンガのヒーローでも、こんな活躍しませんもん」

7月8日には、かつてヤンキースで不動のレギュラーとして活躍した“ゴジラ”こと松井秀喜が持っていた日本人最多記録を17年ぶりに塗り替える32本目のホームランを放ったが、

「何がすごいって、あの日本最高のホームランバッターだった松井が1シーズンかけて“やっと打った”31本のホームランを、大谷は半分の試合数で打っちゃったということ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.