くらし情報『渡邊圭祐「大学サボって昼飲み」仙台でモデル時代の挫折、役者になるまでを語る』

2021年7月15日 20:00

渡邊圭祐「大学サボって昼飲み」仙台でモデル時代の挫折、役者になるまでを語る

渡邊圭祐「大学サボって昼飲み」仙台でモデル時代の挫折、役者になるまでを語る
渡邊圭祐撮影/吉岡竜紀
自らの理想を詰め込んだ“ケント様”と恋に落ちる乙女ゲームが異例のヒットとなった、ベンチャー企業の社長・泉美(比嘉愛未)。ある日、ケント様にそっくりな航(渡邊圭祐)と出会うも、中身は残念すぎる男だった……!

■外のスピード感に追いつけるように

今回の航役について、「正直、めちゃくちゃびっくりしました。そしてシンプルにうれしかったです。実は企画段階でプロデューサーさんとお会いする機会があったんですが、その後“決まったよ”と聞いて。どんな役かと思ったら、まさか主役のお相手役で。“こんな大きな役だったの?だったらそう言っておいてよ”って感じでした(笑)」

’18年『仮面ライダージオウ』でデビュー。『恋はつづくよどこまでも』(’20年)では新人看護師の仁志くん。『MIU404』(同)では特派員REC。前クール『恋はDeepに』では蓮田三兄弟の三男・榮太郎。そして本作では、ヒロインの相手役と作品を重ねるごとに、まるで『わらしべ長者』のように役は大きく。

「確かにそうですね(笑)。3年前に現在の自分を?まったく想像していませんでした。正直、早すぎるなと思います。実績と自分の技術が追いついていないことは、現場でも感じていることなので。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.