くらし情報『小林麻耶「國光吟氏との離婚協議」でタレント生命の危機、 得意の“占い”もここまでか』

2021年7月15日 11:00

小林麻耶「國光吟氏との離婚協議」でタレント生命の危機、 得意の“占い”もここまでか

小林麻耶「國光吟氏との離婚協議」でタレント生命の危機、 得意の“占い”もここまでか
海外ドラマ『フレンズ』トークイベントでの小林麻耶(’19年9月)
小林麻耶(42)が離婚協議中だという。2018年に整体師の「あきら。」こと國光吟氏と結婚。夫婦でユーチューブチャンネルを開設するなど、公私ともに一心同体だったが、彼女のタレント活動は不調に陥った。

■占いで決めた國光氏との結婚

昨年『グッとラック!』(TBS系)を降板した際には、夫による仕事現場への介入が取り沙汰され、彼女が洗脳されているのではと指摘されたものだ。

ではなぜ、この男性と結婚したのか。昨年、ウェブマガジンで自ら理由を明かしていた。決め手はズバリ「占い」だ。

じつは彼女、’16年から翌年にかけて、活動を休止。自身の体調不良とがんに倒れた妹・小林麻央の看病のためだが、この時期に「数秘」という占いを知り、傾倒することとなった。早い話、生年月日占いの一種で、彼女は「1」と「11」を持つ男性が自分に合うことを発見したという。

そこで出会ったのが、今の夫。

「生年月日を聞くと、なんと『1』と『11』の両方を持っていたのです。しかも、夫と母が同じ誕生日!偶然も重なり、ご縁を感じずにはいられませんでした」

と、交際ゼロ日での結婚を決めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.