くらし情報『『ドリカムの日』制定から5年、元メンバー西川隆宏も“解禁”で描く「未来予想図」』

2021年7月13日 16:00

『ドリカムの日』制定から5年、元メンバー西川隆宏も“解禁”で描く「未来予想図」

『ドリカムの日』制定から5年、元メンバー西川隆宏も“解禁”で描く「未来予想図」
ドリカム、左から吉田美和、中村正人
7月3日、『THE MUSIC DAY』の中で放送されたスペシャルドラマで、’02年に脱退した西川隆宏のことが描かれ、話題を呼んでいる。’96年に交通事故を起こして’02年に脱退。その後、覚せい剤取締法違反で逮捕されたことから、長年その存在がタブー視されていた彼を解禁した思惑とは――。

「7月7日にこのお店に来ることは、ドリカムファンにとってステータスなんです!」(来店していた女性ファン)

渋谷駅から少し離れた閑静な住宅街の一角にあるレストラン。幅広い世代の人々が次々と店内に入っていく─。

「『スミレトーキョー』はDREAMS COME TRUE(以下、ドリカム)の事務所が経営するレストランで、全国からファンが訪れます。またヒット曲『7月7日、晴れ』にちなみ、’16年に“ドリカムの日”として日本記念日協会により認定・登録されたこともあり、この日はメンバーにとってもファンにとっても特別な日。店内では毎年、記念メニューが提供されるとあり、予約が殺到するそうです」(スポーツ紙記者)

そんな記念日の数日前、テレビでドリカムにまつわるサプライズ演出が行われていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.