くらし情報『田中みな実が炎上発言で“異例の謝罪”、ウラにあった「出演CMへの冒涜表現」』

2021年7月14日 19:30

田中みな実が炎上発言で“異例の謝罪”、ウラにあった「出演CMへの冒涜表現」

田中みな実が炎上発言で“異例の謝罪”、ウラにあった「出演CMへの冒涜表現」
田中みな実
「この番組でゲームする椅子を持ってる人はちょっと彼氏にするのイヤだって言ったら、思わぬところでプチ炎上しちゃったらしくて。私SNSやってなくて、スタッフさんから聞いたんですけど。それは本当に申し訳ありませんでした!」

7月13日に出演した『グータンヌーボ2』(カンテレ)で、このような言葉を述べたのは、田中みな実。ことの発端となったのは同番組(5月11日放送)で展開したゲーマーに対する、とある持論だった。

「私、ゲームって“だらけてる”って思っちゃうの。それが自分の物差し。家行ってゲーム機とか、ゲーム用のイスとかあったら“わぁ!”って思うもん。“No!”って」

この発言が当時、ちょっとした炎上騒ぎを呼んでしまうことに。

《すごくショック》《ゲーマー見下してそう》《趣味否定するやつ性格悪》

SNS上で並んだのはこのような批判の声だった。田中といえば、2021年度上半期CM
契約本数をみても化粧品メーカーなど6社に起用された超売れっ子タレント。

「“ぶりっ子アナウンサー”から“美のカリスマ”へと華麗なるキャラ変化を遂げて久しい彼女、バラエティーなどでストレートな物言いをすることも多いですが、TBS時代と比べるとだいぶ好意的に受け入れられることが多くなりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.