くらし情報『「16時間断食」による究極のアンチエイジング効果、鍵を握るのは“ミトコンドリア”』

2021年8月12日 15:00

「16時間断食」による究極のアンチエイジング効果、鍵を握るのは“ミトコンドリア”

「16時間断食」による究極のアンチエイジング効果、鍵を握るのは“ミトコンドリア”
※写真はイメージです
今、空前のブームとなっている「16時間断食」。提唱したのは、著書『「空腹」こそ最強のクスリ』が34万部のベストセラーとなった医学博士の青木厚さん。

青木さんによれば、睡眠時間とあわせて16時間以上、ものを食べない時間(空腹の時間)を作ることで、「オートファジー」という身体の仕組みが働きだすのだという。

その働きによって、ダイエット効果だけでなく、がんや糖尿病をはじめとする生活習慣病、アルツハイマー型認知症、感染症などの予防効果や肌や筋肉などの老化防止の効果があると考えられているのだ。

しかも、青木さんが提唱する食事法も簡単で実践しやすい。空腹の時間以外は何を食べてもかまわないし、どうしてもお腹が空いた場合は、ナッツ類などは食べていいのだ。注意点としては、筋力が落ちてしまうので、必ず簡単な筋トレを並行して行う必要があるが週1回、週末だけでも「身体のリセット効果」は得られるという。

ここでは、「16時間断食」で得られるアンチエイジング効果について、あらためて説明しよう。

(※本稿は『「空腹」こそ最強のクスリ』(青木厚=著/アスコム刊)の一部を再編集したものです。)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.