くらし情報『所ジョージから落語家・林家正蔵へ、桐の箱に入った「謎の贈り物」とメッセージ』

2021年7月16日 19:00

所ジョージから落語家・林家正蔵へ、桐の箱に入った「謎の贈り物」とメッセージ

などのヒット番組を手がけた吉川圭三さんの著書で知りました。

所ジョージさんのことをよく知る吉川さんは、このエピソードについて、およそ次のようにおっしゃっています。

《所ジョージは、正蔵が林家の伝統を積み上げて芸を磨いていることも、それが大切であることも重々わかったうえで、正蔵に対して「少しは伝統を壊してもいいんじゃない?そのほうがもっと輝けるよ」というメッセージを伝えたかったのではないか?》

所ジョージさん、かっこよすぎ!「伝統は壊さなければ意味がない」って、名言だと思います。

例えば、日本の伝統芸である歌舞伎の世界では近年、『ワンピース』や『風の谷のナウシカ』などのアニメ作品を歌舞伎にアレンジして上演し、好評を博しています。

これなど、いい意味で伝統を壊している例ではないでしょうか。

一般企業でも、老舗の会社が時代の変化に合わせて新事業に乗り出して、躍進するということがあります。

「伝統」なんて大仰なものでなくても、「ずっとこうすることが慣習になっている」「これについては、このように進めることが決まり」などということ。どこの会社にもあるのではないでしょうか。

でも、その慣習。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.