くらし情報『雅子さまの五輪開会式「ご欠席」の背景と天皇陛下がお考えになる国民との「距離感」』

2021年7月17日 16:00

雅子さまの五輪開会式「ご欠席」の背景と天皇陛下がお考えになる国民との「距離感」

ワクチン接種は個人情報だというお考えから、象徴というお立場の陛下だけが、7月6日にお住いの赤坂御所で受けられたと公表された。

「陛下のワクチンですら、打つのが遅いという向きがあります。2回目が大会の直前となるのはいかがなものでしょうか。ご高齢の皇族方を優先されて、今回のスケジュールとなったわけですが、陛下の慮(おもんぱか)るお気持ちを説得して早く打っていただきたいと進言する人が周囲にいないのではないかと思いました」(前述元宮内庁関係者)

両陛下は、東京五輪大会の前には、皇居・宮殿でバッハ会長ら国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーや各国首脳との面会を行われる予定だ。

今回の陛下の五輪開会式へのご臨席と雅子皇后ご欠席は、外国首脳たちの欠席が増えているという動きも鑑みて、6月には宮内庁の中で決まっていたといわれる。

そして、6月24日の西村泰彦宮内庁長官の「拝察」会見へとつながった。■天皇陛下の「お気持ち」と今後の展望

西村長官は会見で、陛下が「開催が新型コロナウィルスの感染拡大につながらないか、ご懸念されている、ご心配であると拝察している」と発言。

宮内記者会見からの質問に対して「陛下から直接うかがったものではない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.